私は、副業のような形で、クラウドソーシング経由で仕事をしています。
主に、ライティングという形で短い文章を書いたり、アンケートに答えたりしています。
そこで、たまに幸せを感じることがあります。仕事にも関わらず、私、ラッキーだ、と思うことがあるのです。
先ほどお伝えしたように、私は仕事で文章を書かせていただくことがあります。
そこで、クライアント様から提示されたテーマで文章を書くわけですが、とても気分がのってくることがあるのです。
さぁ、書くのよ、と誰かに背中を押されているような、そして同時に励まされているようなことがあります。
そういったときは、いつも使っているキーボードが、どことなく軽く感じられてきます。そして、これを書いてみようあれを書いてみようなどと、文章をめぐるアイデアが次々と浮かんできます。
そのアイデアを書き綴っていくときの高揚感が私のこころに臨むとき、私は幸福感に満ちていると思います。お仕事をさせていただいて、ラッキーな時間です。
そういうときは得てして、文体も思い通りに書ける、読者の方々に喜んでもらえそうなど、プラスの気持ちがあふれ、素敵な予感で満たされています。
今も幸せな気持ちが、私のこころを満たしています。
今後も仕事をしていく上で、幸せを感じていけたらいいなと思っています。そして、この幸福な気持ちを、読んでいる方々にお届けできるように精進したいです。
そのためには、普段から人のために何かできるか、考えていくこと、努力していくことを積み重ねていこうと思います。セブンデイズカラースムージーって効果どうなの?